遺留分と遺留分権利執行の方法

遺留分とは、配偶者(直系卑属)が法律で最低限保証されている財産の割合という意味です。

 

例えば、夫が無くなり夫の遺言書に全く異なる第三者へ財産を与えると書かれている時、(例外を除く)このような時であっても、配偶者である妻や子供には、一定分の財産を取得できる割合があり、それは法律で決められているのです。
この財産の割合が今回取り上げている言葉の意味です。

 

この最低限度保証されている財産の割合を受け取る権利の方法を、滅殺請求と言います。
最低限度の財産を受け取る権利がないがしろにされた場合、滅殺請求を行う事で、権利を正しいものとする事が可能となります。

 

この手続き方法ですが、決まった手続き、方法、手順はありません。
よって必ず裁判所に申し立てを行えば良いという事はなく、受贈者、受遺者に対し意思を表示するだけでも有効な請求となるケースもあります。

裁判所で争う可能性が高い場合、必要な連絡事項、通達などは内容証明を使ってください。
内容証明を使う理由は、裁判所で争う場面で内容証明が証拠となる為です。
使う裁判所は家庭裁判所、地方裁判所の順番です。
この場合、家庭に関する事件となり、まず地方裁判所ではなく、家庭裁判所に調停を申し立ててください。