遺産相続問題をまとめるには

家族が亡くなった悲しみにくれていても、お金が絡んでくると豹変する人間はたくさんいます。それまでは仲の良かった親族でも、残された財産を巡った対立が起これば相続手続きはまとまりません。

 
話し合いでまとまらない場合は、家庭裁判所へ遺産分割調停を申し立てることが出来ます。

 
遺産分割調停というのは、家庭裁判所に必要な書類を提出して、当人同士の意向を踏まえたうえで解決案を提示したり、双方の話し合いが解決に向かうようにアドバイスをしたりといったことが行われます。

 
この遺産分割調停は第三者を交えての話し合いといった意味合いしかなく、場合によっては話し合いが合意に至らないケースもあります。

 
そのような時は遺産分割調停から自動的に審判へと手続が成されます。

 
審判を受けると当人同士が話し合いを行うのでは無く、家事審判官が取り調べを行い、事実に基づいた上で遺産分割をとりまとめます。

 
審判には法的強制力があるので、審判の結果に基づいて遺産分割を行う義務がありますが、もしも結果に不満がある場合は、2週間以内に高等裁判所に抗告を行うことで、新たに裁判で争うことが可能になります。

 
問題解決のためには、まずは当事者同士での話し合いが重要ですが、場合によっては裁判所で第三者を交えて意見を交わすことが必要となります。