相続問題で裁判をする?

家庭裁判所による審判が行われる一つとして、同順位の人が複数いる場合に均等に財産分けをすることが難しい場合に、遺産分割審判というもので解決を図る場合があります。

 

これは当事者本人が直接申し込むことも可能ですが、一般的なのは

 

弁護士を通じて申し込みをすることです。また大事なのはこの分野に精通した弁

 

護士であることが大事で、この方面で大きな実績を残しているところにお願いをす

 

ることが基本です。また関係者でひとりでも同意しない人間がいる場合は、裁判所

 

の調停の申請をして調停で解決していくことになります。遺産分割審判では、当

 

事者がどのような分割を望んでいるか希望を聞いて、各人が納得出来る解決策を

 

提示したり助言したりします。この部分で基本的にはお互いに同意をしてもらえれ

 

ばいいのですが、どうしてもその意向に同意出来ない場合は遺産分割審判になり

 

ます。ここでは裁判官が関係者の意向や生活状況や年齢や職業など、もろもろの

 

事情を考慮して裁定を下すことになります。この裁定には強制力があるので、不

 

満があっても最低に逆らうことは出来ません。遺恨が残ってしまう場合があるの

 

で、出来るだけこの前の助言などの段階で解決できることが望ましいです。