順位と分配

遺産とは、亡くなられた方にあたる配偶者や子供により、分配されるのが一般的で

 

す。

 
分配方法は、亡くなられた方の配偶者が遺産の半分をもらうことができます。

 

しかし、亡くなられた方に実のお子様や養子などがいない場合には、すべての遺

 

産をもらうことができる権利があるため、全てをもらうことができます。

 

しかし、もう一つ、遺言により、何処かに寄付をして欲しいや生前にお世話になっ

 

た方などに遺産を分けたいと言う場合には、遺言に従い、分配しなくてはいけま

 

せんが、記載されている金額や所有物などの場合には、遺言に記載されている金

 

額や所有物が、遺言通りに分配されない場合もあります。それは、配偶者の権利

 

がある程度あり、それを明らかに上回る場合には、裁判により、遺言の金額よりも

 

減額することができます。

 
次に、亡くなられた方の実のお子様や養子は、遺産の総額の半分の遺産を、もら

 

うことができます。実のお子様や養子の場合には、分け隔てなく、遺産を分配しな

 

くてはいけません。その為、実子や養子が三人いた場合には、遺産の半分を三人

 

で分けるということになります。その為、一人に付き、遺産総額の六分の一を実子

 

や養子に関係なく、もらうことができます。

 
このように、遺産は、配偶者と実子、養子は、遺産をもらう権利が必ず有り、順位が

 

一位となります。