遺産相続で受け継がれる財産は何?

資産や土地と言ったプラス要因はもちろん引き継がれます。しかし連帯保証債務や未納税などの負債も同時に引き継がねばなりません。この財産は受け取ることも受け取らないこともできます。また、祖先から受け継いでいた祭祀具などの遺産は複雑となります。遺産分割とは無関係で、遺産分割の対象にならないのです。本人同士で決めるか地域で決めるか、家庭裁判所で決めることになります。伝統のあるものだけにややこしい問題なのです。

 
連帯保証債務の場合は、本人が死亡して3ケ月だと破棄できません。しかし、連帯保証債務が保証人の場合は本人が死亡して3ケ月経っても破棄できます。しかし、この場合もややこしい案件となります。連帯保証債務の引き継ぎについて、借り入れ者と揉めて裁判になることもあります。

 
資産と負債は両方引き取るのが原則のため、天秤にかけて得な方を選ぶべきです。資産の方が多ければ貰い、負債の方が多かったら破棄した方が金銭的に有利となります。また、特別に愛着のある家の場合はやむなく引き取ることもあります。

 
遺産分割は非常にややこしい問題です。しっかりとその遺産の資産や問題を把握しておくことが、葬式などで忙しい中でも潤滑に遺産分割を行えるために必要な前準備となります。